やはり消費者金融を利用するには、安心して利用できる場所が良いですよね。
色々な業者がありますのでどちらがご自分に合っていて、信頼することが出来るのか見分けるのはなかなか難しいかと思います。
そういった時には、まず人気ランキングなどを参考にしてみるのが良いかと思いますよ。
そこには詳しく情報が掲載されていますので、非常に参考になるのではないかと思います。


【消費者金融と闇金融】

きちんとした消費者金融というのは、情報がしっかりしていますしホームページに登録番号が掲載されています。
闇金融はホームページに登録番号が無く、電話番号も固定ではなくて携帯電話だったりしますので注意が必要です。
あまりにもうますぎる話や条件を提示しているところも、疑うべきだと思いますよ。
ブラックでもOKなどとうたっているところも怪しいと思って避けた方が良いかと思います。
一度手を出してしまいますと大変なことになってしまいますので、絶対に手を出さないようにして下さいね。


【いざという時に頼もしい存在】

消費者金融はいざという時には非常に頼もしい存在になります。
何かの事情で急にまとまった金額が必要になってしまったけれど、そんな金額を持ち合わせていない・・・という時にもすぐに利用することが出来ますので心強くて助かるかと思います。
普段は利用することのない方も、いざという時の為にカードだけお持ちいただくのも良いかもしれません。
もちろん、人によって意見が異なるかと思いますので、持たれるのはご自由だと思います。

(関連リンク)
おまとめローン…こちらのサイトでは人気の消費者金融がいくつか紹介されています。多数の消費者金融を利用している場合は、おまとめローンで一本化することをおすすめします。おまとめローンを利用することで長期の金利が低くすることができます。

サラ金と呼ばれていた時代の消費者金融から見ると、大幅に利息が低く抑えられてきたので最近は長引く不景気を背景に、消費者金融利用者が増える傾向にあり、金融側もあの手この手で顧客の取り込みに勢力的になっているのが現状です。ただ、目先の事に捉われてお金を借りると、将来の大口ローンを組みたい時に支障をきたす恐れがあるので、キャッシングする時は、返済基準や返済条件の詳細を十分理解しておき、不明な点は徹底的に理解できるように金融機関に説明を求めることが重要です。最近は自分の住宅を持つ事が当たり前になり、自家用車や大型テレビなどは生活必需品となりつつあり、それらの購入実現にはローンを組むことが不可欠になります。


<消費者金融の利用は記録に残ります>

消費者金融を利用すると信用情報機関に利用履歴として記載され、金融機関を利用する際の信用情報として活用され、返済遅延や多重債務などの記録が残っていると、ローンを組めなくなる恐れもあるので、この事をしっかり認識しておくこと大切です。絶体無理なお金の借り方はせず、健全な返済計画と確実に完済する事を念頭にキャッシングに手を出すようにすれば、個人的な信用を得ることが出来るので、将来のプラスになる事は間違いありません。

お金を借りるときは切羽詰まっていて、借りることに意識が集中しがち。でも、借りたら返さないといけません。返済方法や利息がいくらになるか、考えておきませんか。


<知ってる?消費者金融の利息の計算の仕方>

利息は、「借入額×金利÷365×借入日数」で計算できます。利息は日割りでつくので、できるだけ早く返した方が返済額を少なくすることができます。たとえば、10万円を金利17.8%で30日間借りると、10万円×0.178÷365日×30日=1,463円。1日あたり約50円。消費者金融の利息は高いイメージがありますが、計算方法を知っていれば安心できますね。


<返済方法のいろいろ>

返済方法にもいろいろあります。一括返済がおすすめですが、分割返済になることも多いでしょう。分割返済の方法も、元金均等方式、元利均等法式、リボルビング方式などがあります。元金均等方式では元金を一定金額ずつ毎月返済します。最初は返済額が大きくなりますが、確実に元金が減っていくので合計の返済金額は少なくてすみます。これに対して、元利均等方式では毎月一定金額を返済していくのですが、元金分と金利分の割合が変わっていきます。管理がしやすいのがメリット。最初は返済額が金利分に当てられるのでなかなか元金が減らず、返済額が大きくなったり、返済期間が長くなるのがデメリットです。


<リボルビング方式にはご用心!>

リボルビング方式では、毎月一定額を返済しながら、借入限度額内なら繰り返し借入ができる方式。消費者金融ではよく使われる返済方法です。毎月の返済は楽ですが、返済期間が長くなったり、借入を繰り返してしまうことも。注意して利用しましょう。

学生の身分から晴れて社会人になった時は、給料は少なくても晴れ晴れとした生活を送ることが出来ます。しかし、社会人慣れしてくると何となくお金が足らなくなり、キャッシングに走る事が多くなります。収入が多くなれば、多少の贅沢はしようがないにしても、必要以上に支出が多くなる事で、何時までも手持ち金が増えない現象が生じ、借金がいつまでも続く結果になる事があります。身に余る贅沢でなく普通の生活を送る事が出来れば、貯蓄に回す余裕が生まれ、例えお金が必要になっても借入金を最小限に抑制する効果が出てきます。


<貯蓄は人生の安堵の里>

人間一生の間には予期せぬ出来事が多く発生します、そんな時に威力を発揮するのが貯蓄、生活はつつましくどうしても借金がしたい場合は、必要最小限にして自分の返済能力に応じたキャッシングを心がけ、返済もしっかりと実行できれば、心に余裕のある生活が保障されます。貯蓄は人生の安堵の里、例え借金しても自分の実力に合った計画的キャッシングで、心豊かな生活を送る事が出来ます。


<貯蓄も借金も計画的に>

貯蓄を継続的に実行するには、収入があった時支出する前に一定額の自動引落貯蓄に回す事です。銀行系金融機関によっては、預貯金額の範囲内であれば、手数料なし等のキャッシングも可能になります。

最近では、多くの方が消費者金融をご利用しているかと思いますが、利用したことのない方はまだ怖いイメージなどがあるのではないでしょうか?
使ったことが無いのなら、もちろんそういった知識もあまりないかと思います。
周囲に使っている方がいたり、または友人が使っていてそんなような話を聞いたり。
ドラマにも消費者金融が出てくるものが以前ではありましたが、そういったイメージは強いですよね。
ですが、正しく利用すればまったく怖いという事はありません。
怖いイメージをなくすために、消費者金融のメリットをいくつかあげてみましょう。


【消費者金融にはメリットがある!】

消費者金融には怖いイメージもありますが、実際は怖いものではありません。
最近では最短で借入などが出来るようになっているので、いちいち長時間待つ必要はありませんし、ATMでやり取りが出来るところも多くなっているので窓口に行く時間と手間が省けます。
急用の時や長く時間が取れない時にはとても便利で助かりますよね。
ただ、限度額が低く設定されているので大口で利用したい時は銀行の方が良いかと思います。
もちろん、デメリットもありますのでそのへんに注意しながら、計画的に返済に無理の無い形で利用するようにして下さい。

消費者金融と聞くと、一昔前まではどちらかというと悪い印象を抱く人が多かった様に思います。それがこの10年、20年の間でマイナスイメージはどんどんプラスのイメージへと変貌を遂げてきました。法律改定などと並行して、消費者金融がより身近なものへとなっていくために行なったイメージ戦略をここで探ります。


消費者金融=危ないというイメージは過去の遺物

可愛い犬や旬のタレントを広告に起用することで、「消費者金融=安全で便利なサービス」と思わせるイメージ戦略を各社とも打ち立ててきました。それは、先述した様な貸金業全体にまとわりつく悪印象を撥ね退けるための戦略であると同時に、法律の改定により実際に安全性と利便性が増し、文字通り「安全で便利なサービス」になったということも影響しています。


法律に守られた安心な借入ができる

法規制により、申込者が自分の収入を度外視した様な高額な借入ができなくなったことによって消費者金融の安心感は急速に増したと言えるでしょう。それに呼応するかの様に各社ともさらにクリーンなイメージを全面的に推し出す宣伝を行ない、悪い印象は払拭されたのです。逆に今でも高金利で貸している悪質な賃金業者は闇金として地下に潜る様になり、消費者金融とは完全に区別されています。

サラリーマンをしていると、急に辞令がでて引っ越しをしなくてはならなくなることがあります。辞令の場合はほぼ会社から費用が出るかとは思いますが、先に実費で支払わなくてはならなくなったという人もいます。そのような時に便利なのが消費者金融です。


消費者金融からスピード融資

急な引っ越しで、急いで費用が必要になっても、諸費者金融であれば、すぐに融資を受けられます。サラリーマンであれば、審査も軽く通過することが出来るでしょう。しっかりと理由を話して相談すれば、引越しの費用分を確実に借り入れできると思います。


返済までの利子はかからないようにする

そこで是非利用してほしい裏ワザがあります。それは、無利息期間がある消費者金融を選ぶことです。会社は引っ越し費用を出してくれても、利息までは払ってくれるとは限りません。それに、実費が無かったから消費者金融で借り入れしたとはあまりいいたくないですよね。ですので、会社には一日でも早く費用を返してもらう約束をし、少しでも長く無利息期間がある消費者金融を選ぶようにしましょう。そうすれば、費用はしっかり会社からでるし、利息も1円も払わなくていいのです。このやり方を利用すれば、一切あなたは損をすることはありません。

消費者金融の金利は高いと思っている方、多いかもしれませんね。しかし、最低金利の基準は年々低くなってきています。銀行系カードローンと大差なくなってきている事からもわかるはずです。


銀行系カードローンの審査通過度は低い

消費者金融では多くの大手企業が、審査通過率と約定金利平均を公開しています。それに対し、銀行系カードローンでは公開しているケースが少ないようです。これは銀行の審査通過度が消費者金融に比べて著しく低い事が要因のひとつでしょう。審査通過度は審査体系とその会社の方向性に大きな関係があります。(参考サイト・・・カードローンの金利・審査)


消費者金融の約定金利平均

消費者金融では、アルバイトやパートの方など正社員の方ではなくても積極的に融資を行う傾向が全体に見受けられます。勿論、返済能力のないものに無理な貸し付けを行っている訳ではありません。年収が少なくても、安定した収入がある方に少額の貸付に限定して行っているのです。ネットなどで検索してみるとわかると思いますが、少額の借入者に対して適用される金利は、銀行、消費者金融に関係なくその商品の上限金利に近いものになります。少額融資を積極的に行なっている会社の平均約定金利が高くなるのは当たりまえの事なのです。

消費者金融を利用することは、決して悪いことではありません。消費者金融と聞くとどうしても悪いイメージがわいてしまいますが、使い方さえしっかりしていれば、まったく他人の目を気にする必要はいらないのです。


なぜ諸費者金融は悪いイメージなのか

それは、1970年ごろの影響があるでしょう。いわゆる、「サラ金」です。今では考えられない高金利で、ひどい取り立てが多かった時代です。このような時代に、サラ金はイメージをだいぶ下げました。ですが、今では、そのような違法な高利子の会社は無く、ひどい取り立てももちろんありません。裏の業者なども利用しなければの話ですが。ですので、現代の消費者金融は決して悪いものではありません。金融会社側も、その悪いイメージを取り除こうと、CMを沢山流したり、イメージキャラクターにタレントや芸人を使ったりするなど、だいぶその効果は出てきているのではないでしょうか。


利用するなら返済が大切

利用するからには、もちろん返済をしなくてはなりません。消費者金融は、返済さえしっかりすれば、決して悪いものではなく、むしろ便利なサービスです。人として守るべきものは返済のみ。その為には、完済までの計画をしっかり立て、そして必要以上の借り入れをしない事です。是非、便利な消費者金融を有効活用してください。

No newer/older posts